お一人で悩まず池袋エリアでご提供する障害年金の特化型サービスをご利用ください

お問い合わせはこちら

池袋の障害年金・池袋・大塚障害年金相談センターのお客様の声

大塚・池袋の皆様が障害年金を正しく受給するために 

池袋の障害年金・池袋・大塚障害年金相談センターのお客様の声

「年金制度自体がよくわからない」「現在の病状や障がいで受給できるのか不安」「手続にチャレンジしたものの挫折した」など、疑問やお困りごとがありましたらぜひ一度ご相談ください。障害年金は老齢年金や遺族年金と同じく国の年金制度の一つであるにも関わらず、その存在や受給要件などが広く認知されているとは言い難く、多くの方が最初からあきらめている状況も存在します。大塚や池袋エリアにお住まいの皆様が本来受け取るべき年金を受給できるよう専門的なサポート体制で寄り添ってまいります。


実例から得たノウハウを池袋周辺での障害年金申請に適用 

病気やケガに伴って日常生活において制限が生じている場合には年金制度を活用できますが、その事実を証明するだけで受給が認められるのではなく国が定めている認定基準や要領に当てはまっていることを証明しなければなりません。専門的な知識や経験をお持ちではない一般の方にとってそのハードルは高く、どのような書類を準備し、どのような手続を踏む必要があるかを理解できない方が多いかもしれません。そのような時の強い味方として申請から受給までをワンストップでお手伝いしております。
病院へ診断書の作成を依頼するにあたって初診日の特定が難しい場合や初診日がかなり過去にまで遡る場合など、「手に負えない」と感じてもまずはご相談ください。全国ネットワークとの連携によって受給が認定された様々なケースについての情報を収集し、得たノウハウを活かして難しい案件にも対応してまいります。

あきらめる方を減らすため池袋周辺で障害年金受給をお手伝い 

「初診日の証明ができなかった」「病状の実態を伝えるための文章が上手く書けない」「以前に申請が却下された」「年金事務所への相談で難しいと言われた」など、様々な理由で「もう申請はできない」と考えておられる方が多いようです。病気やケガによる障がいで生活面や経済面で多くの不自由を経験しておられるにも関わらず、そのような理由でさらにたいへんで面倒な思いをしている方が多いのは残念な現実です。そうした方を1人でも減らすため、一般の社労士業務と並行ではなく申請手続に特化した専門サービスを立ち上げました。
「初診日要件」「保険料納付の要件」「障害認定日の要件」など、細かく定められた基準を相談者様のご事情と照らし合わせて検討し、法律に則った適正な方法で申請手続を行い受給に至るかを丁寧に考慮してまいります。「丁寧な対応で安心した」「相談してよかった」などの好意的なご感想が多く寄せられています。

継続や額改定など障害年金の請求全般を池袋・大塚でサポート 

手足の切断や人工関節置換、失明といった障がいに適用される「永久認定」と比較して、症状が変化する精神疾患や腎疾患、がんなどの疾病の場合には「有期認定」となるのが一般的です。時間の経過や治療によって症状が変わるため、有期認定を受けた方は1~5年の間に更新を行う必要があり、年金証書に記載されている更新日までに手続をしなければ受給資格を喪失します。場合によってはその間に障がいの程度が悪化し、「額改定」の請求ができる方もおられます。
障がいが悪化して治療費が増加して暮らしを圧迫するという事態を改善するために額改定を請求し、認められた場合には請求の翌月から増額してもらえます。どのような場合でも相談者様一人ひとりからお話や現状をしっかりとお伺いし、ご納得いただける等級で障害年金が受給できるよう池袋や大塚エリアで最善を尽くしてサポートいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。