アットホームで気軽に尋ねられる雰囲気が魅力の池袋・大塚障害年金相談センター

お問い合わせはこちら

池袋・大塚障害年金相談センター

お考えを優先しつつ池袋地域で障害年金申請をアシスト 

池袋・大塚障害年金相談センター

「何から始めたらよいかわからない」「最後までやり遂げる自信がない」といった理由で障害年金の請求をあきらめておられる方々のお力になりたいと願っております。少しでも安心して頼っていただくために初回無料相談を実施しておりますが、マニュアルどおりのアドバイスをしたり単に手続を代行したりするだけではなく、一人ひとりのお悩みやご負担を軽減し生活だけでなく心まで明るくなるようお手伝いすることを目指しております。丁寧でスピード感のある対応やアットホームな雰囲気づくりで池袋・大塚の皆様に笑顔をお届けします。


池袋・大塚障害年金相談センターの特徴

FEATURE

理解しにくい障害年金の受給を池袋エリアで後押しします 

老齢年金や遺族年金と同じ公的年金の一制度として、病気やケガなどで日常生活に支障をきたしている人やこれまでにように働けなくなった人が申請・受給できます。一般に誤解や混同される場合が多いですが、福祉制度である生活保護や障害者手帳などの取決めとは主旨が大きく異なります。さらに、老齢年金や遺族年金のように受給要件や手続について知らされることはないため自ら手続を進めない限りは何も始まらず、初診日要件や保険料納付要件、障害認定基準といった複雑な要素が理解しにくいのが現実です。
本来は受給資格を満たしているはずの年金を受け取れないという事態を避けるため、経験豊富な社労士として特化型のサポートサービスを展開しています。請求を始めたいとお考えでしたらどのような障がいをお持ちか、生活のどのような面でお困りか、手続のどの部分がご不安かといった点をぜひお聞かせください。

暮らしの安心のため池袋エリアで障害年金申請をお手伝い 

厚生労働省の調査で明らかになった点として、病気やケガによって一定以上の障がいを負っている方のうち年金を受給できると知っていた人は全体の半数であったようです。また、20歳以上で障害者手帳を保持している方が全国で約700万人いるのに対して、年金の受給権者は約219万人です。障害者手帳の等級と年金の受給要件は完全に一致するわけではないものの、制度自体の周知不足や申請手続が難解であることなどから請求する方が少ないという現実があります。
20歳から受け取れる受給年齢の幅が広い公的制度として障がいがなくなるまで長期間に亘って継続受給ができ、経済面や精神面での支えとなることからできるだけ多くの方に受け取っていただきたいと願っています。敷居が低く、便利で使い勝手の良いサービスを追求して相談者様の声に真摯に耳を傾けてまいります。まずは9時~20時まで対応のお電話にてお問い合わせを受け付けております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。